空き家の何が問題?

立派な家なのに誰も住んでいないという家が、思ったよりも多く見受けられる昨今、空き家の問題が大きくなっていると言われています。しかも、今後増え続けると見られているのです。

日本では高齢化社会が進んでいますので、団塊の世代の相続が進んでいることが原因で、空き家が増えてきていると言われています。空き家と一口に言っても売却予定のものから賃貸予定のもの、二次利用のものなど背景は様々です。しかし、空き家が増えるとなにがどのように問題となってくるのでしょうか。

空き家が増えているという現実は、つまりその地域の住人が減っているということを意味する場合が少なくありません。人口が少なくなってしまうとそのエリア全体のパワーが低下するだけでなく、様々なインフラの維持にも影響が出てきます。生活に欠かせないスーパーや銀行、その他のサービスも撤退を余儀なくされる可能性すらあるのです。空き家はただ単にそこにあるだけのものではなく、その地域の社会状況を物語るものであり、真剣に考える必要があるものなのです。

特に問題となるのが、売却予定も貸出予定もない空き家です。特に目的がないためしっかり管理しようとする意識が低下してしまい、手入れがされていない廃墟のようになっていってしまう可能性が高いです。家は誰かが住んで管理していないとダメになってしまいますので、こうした空き家が増えるというのはその地域にとってメリットのあることではないのです。